ご依頼を頂いた方からのアンケートや、その他お得お知らせなどを更新しています。

電話番号:0120-99-4194

ペットセレモニー ノアの杜

ペット葬儀のあれこれ

Archives

11月
20
犬にとっての「名前」とは?自覚はあるの?(2)

 

ここまでペットは「名前」を「名前」として自覚はしていないこと、しかし自分が自分が呼ばれていることは分かっていることなどをお話ししてまいりました。

しかし、ペットを名前で呼んでも来ないということはありませんか?実はある理由が関係していて、呼んでも来ないという状況を作り上げてしまっているかもしれません。

 

61831b00

以前、嫌なことがあった 飼い主を下に見ている

ペットの名前を呼ぶ際に怒ってばかりいると、ペット自身も「名前」という言葉に対してネガティブなイメージを持ってしまい、飼い主さんの元へ行くことを躊躇してしまいます。

このように、以前名前を呼ばれた際、飼い主さんの元へ行ってみたら嫌なことがあったという記憶がトラウマのようになってしまっており、名前を呼ぶと「またあの恐怖が…」と怖がって付いてこない、という可能性があるのです。

この場合の対処法としては「名前を呼ばれたら悪いことが起こる」という認識から「名前を呼ばれたら良いことが起こる」という認識に変えることが重要です。

名前を呼んでこちらに来たら、たくさん褒めてあげておやつを1つあげることを毎日繰り返すことで、自然と「名前を呼ばれて行ったら良いことが起こるんだ!」と上書きされます。

 

もう一つは名前などは一切関係なく、飼い主さんを自分よりも格下の者と見なしているため、名前を呼んでも来ないという理由です。これは飼い主さんとして、愛犬のリーダー的存在になれていないことは大問題です。

このようなペットの場合、名前を呼んでも来ないという問題の他にも、少々わがままが目立つような問題行動をしている可能性が考えられます。

ペットが可愛いというのは飼い主ならば誰でも同じです。しかし、だからといって正しいしつけをせず、甘やかしてばかりいると上下関係が逆転してしまい、飼い主ではコントロールできなくなってしまう恐れがあります。

心当たりがあるという方は、ぜひ今からでもしっかりとしつけをさせ、ペットよりも飼い主の方が上なんだぞ!ということを理解させる必要があるでしょう。

 

b163d0996d34b2c1cb8b63ea6c0e3dd8_l

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「名前」を「名前」として自覚していないものの、自分が呼ばれているいるということは、しっかり理解しています。

是非これからもペットちゃんとの素敵なコミュニケーションの一環として名前を呼んであげてくださいね♬

11月
18
犬にとって「名前」とは?自覚はあるの?

皆さんこんにちは!!

 

私たちはペットを飼う際に名前を付けますよね?

その後、愛犬を呼ぶ時、その名前で呼び、コミュニケーションを図ります。しかし実際、犬は自分の名前を「名前」として認識しているのでしょうか。

今回は、ペットちゃんの名前について更新しようと思います。

ちなみに余談ですが、『アニコム損害保険株式会社』さんが、2016年に新規契約した0歳のわんちゃんを対象とした名前ランキングを発表します。

 

3位  モコ

2位  チョコ

1位  ココ

 

似たような名前が上位にランクインしています。

さらに1位の「ココ」は6連覇を達成したということなので、根強い人気があるみたいですね。

 

では、本題に入りましょう。私たちは様々な理由によってペットの名前を決定していますが、実際のところペットちゃん自身は名前を「自分の名前」として自覚しているのでしょうか。

 

d0064838_2121972

名前を自覚していないケースが多い

感覚としては人間と似ており、自分が呼ばれていることは理解しているようです。しかし、個体に付けられている言葉として理解しているのではなく、「『名前』は飼い主さんとのコミュニケーションが始まる合図」として理解しているようです。

したがって、自分の名前が〇〇であるという感覚ではなく、この言葉が発せられると自分に何か起こる、自分に構ってくれるという感覚なのです。

ここで重要となってくるポイントは、「名前を呼ぶときに怒ってばかりいてはいけない」ということです。名前を名前として自覚していない以上、名前を呼ぶ際に怒ってばかりいることで、「この言葉を発せられると怖いことが起こる」という認識になってしまいます。

そうなるとせっかく一生懸命考えてつけた名前が愛犬にとってはネガティブな言葉として捉えられてしまいますので、ペットちゃんにとっても飼い主さんにとっても悲しいですよね。

名前を呼ぶ際には、なるべく褒めてあげたり、ごはん・おやつをあげるなど、良いことを重点的に行うようにしてあげましょう。

 

279772

あだ名は?

皆さんはペットを呼ぶ際、正式な名前ではなくあだ名で呼んでいたりしていますか?少々名前を省略していたり、変化をつけたりして呼ぶことが名前によってはあるのではないでしょうか?

最初にお伝えしました通り、ペットはその名前に対して「自分を呼んでいる」という認識を持ちます。したがって、あまり頻繁に名前を変えて呼んでしまうと、最初のうちは呼ばれていると理解することができず、寄ってきてくれない可能性があります。

 

11月
17
この冬の時期はドライアイスは必要??
11月も後半に入り、いよいよ冬の時期に入りました。
陽が昇る日中の時間も寒い!って感じてしまいますね。

ペットをなくされた方が当社にお電話を頂く際に
ほとんどの方が、

「ドライアイスは必要ですか?」

と心配されます。
やはり亡くなられてからのご遺体の〝痛み”が心配ですね。
ドライアイス
私の経験上、結論からすると、
真夏とは違い、冬の時期、ドライアイスがなくても翌日くらいまでは
痛みが出るということは殆どないと思います。

但し、以下注意事項です。
・床ずれや皮膚の疾患をもっている子は、その個所から匂いや痛みが出やすい
・お腹が大きく膨れ上がったり、元々肥えている子は痛みが出やすい
・お部屋飼いで涼しい場所であれば大丈夫だが、お庭など外で安置すると痛みが早く出やすい
・暖房やヒーターのある温かいお部屋で長時間安置すると、やはり痛みは出やすくなります。

逆に言うと、小さくて痩せていて、お部屋飼いの子であれば痛みは出にくい、ということです。

ただ、もし痛みが出てしまうことが心配な方は、
できるだけお身体を冷たく保っていただければ、より痛みは出にくくなります。

ドライアイスは特定の業者さんや人間の葬儀社さんに分けてもらったりする必要があり、
一般では手に入りにくいですが、生菓子を購入の際に入れてもらえるような〝保冷剤”でも、
定期的に交換をして頂きながらであれば十分に効果はあると思います。

但し、保冷剤は直接ではなく、お身体が濡れてしまわないよう、
タオル等で包んでから、お身体に当ててあげて下さい。

万が一亡くなってしまった際はこの寒い時期は痛みも進みにくいです。
落ち着いて楽な姿勢で安置をし、できるだけ涼しいお部屋で安置してあげてください。

ご不明な点があれば、お気軽にノアの杜までお問い合わせ下さい。

  ペットセレモニーノアの杜 代表 後藤
11月
14
ご火葬後のお骨は全部返してくれる!?
「過去別のところで火葬をしてもらった子のお骨を納骨(粉骨)してほしい」
そんなご依頼も頂きます。

「全部お骨入っているから」
と言われてお骨を確認すると、
明らかに全てのお骨は入っていない…。
でも、全てのお骨が入っていると思い込んで…。

ご火葬をして頂いた方に、「すべてのお骨です」と伝えながら全てのお骨を納めていないのか、
それとも、ご依頼主の勘違い、思い込みなのかはわかりませんが、
ご火葬を担当されるスタッフの方には、ご依頼主に「一部」か「全て」かは、
正しく誤解の無いように伝えるべきだと思っています。

・全てのお骨を返してほしいのか
・一部のお骨のみ返してもらうのか
・お寺などの合同埋葬をしてもらうのか

一部のみ返骨をしてもらう際は、返骨して頂いた以外のお骨もどのように扱われるのか、
しっかり確認しておきましょう。
処分されるところが多いのもまた事実です。

当社では、
「お骨壺に全てお納めするとサイズが大きくなりますがいかがいたしましょう?」と、
ご要望をお伺いしています。
「骨壺大きいの嫌だから小さいのがいいな」
そんな方ももちろん多くいらっしゃいます。
その場合は、当社の樹木送をさせて頂き合同で埋葬をさせて頂いています。

「聞くこと自体が失礼」
そんなことありません。
やましいことが無ければ、自信をもって答えてくれるはずです。


ご火葬されたときには、要望をしっかり伝えるようにしましょう。
様々なお寺さん、業者さんがみえます。
殆どが真面目に良心的な対応して頂けるところですが、
ごく一部、残念な対応をされる業者さんもいらっしゃるのも事実ですから。。

虹の橋
ご利用頂いた方に、
毎日のようにたくさんの子が亡くなっていることも事実です。
しかし、何事にも代えがたいかけがえのない我が子、家族です。
少しでも納得のいくお別れをして頂けるよう、願うばかりです。

  ペットセレモニーノアの杜 代表 後藤
11月
9
安心してお任せできるペットシッターさん。。
最近葬儀をさせて頂いた方のご紹介をさせて頂きたいと思います。

柴犬の子でガリガリに痩せてしまい、1.5kgくらいの子でした。
名前はチョビちゃんです。

元々小さな子で、更に痩せていたので、とても小さく感じました。
しかし、18年間という年齢で大往生の子でした。
いつかお別れがやってくるのはわかっていました。

しかし、いざお別れとなるとどうしても気持ちの整理がつかなくって。。。
「18年生きて大往生、幸せな子だったね」
そんなことを言われても、わかっていても、、

誰が何と言おうと、
『辛いものは辛い』

これが本音です。

お出かけするときはいつも安心するペットシッターさんにお願いされていたようで、
“ 亡くなる直前ですが、いつもお世話になったシッターさんにチョビちゃんを見てもらえたことが救いです ”
このように何度も涙を流しながら仰っていました。

ふりふりてーる (↑クリックしてページを表示)

どこかお出かけするので「一次的にお預かりする」だけのサービスではなく、
亡くなる前に、「最期にお世話してもらいたい」
そんな思いにさせてくれるシッターさんで、
大垣市を中心にサービス提供されています。

“ いつもお世話になっていたから 最期にみてもらいたい ”

シッターとして誇りをもち、妥協しないサービスを提供する、
そんな気持ちがきっと飼主様に伝わるのでしょうね。

私共の葬儀の仕事とは業種は違いますが、
同じペットさんを大切に想う仕事としては共通しています。
是非、見習っていきたいものです。

  ペットセレモニーノアの杜 代表 後藤
11月
6
どうぶつフェスティバルIN長良川2017

~どうぶつフェスティバルin長良川 2017~

大盛況の元、無事に終了いたしました。

会場に到着して早速、様々な犬種のワンちゃんがドッグランで走り回っている姿が見られました。新しくお友達ができたりと本当に楽しそうでした。

また、この日は肌寒いものの快晴で天候に恵まれた1日となりました。

10:00からペットちゃんのための運動会の開催☆彡 

(50m走 椅子取りゲーム 一発芸 障害物競走)

 

 ↑こちらは椅子取りゲームの様子

 

ボランティアの方々の出店もあり、覗いてみました。

運動家の景品もありましたよ。

 

ペットセレモニーノアの杜では前回と引き続き

『迷子札は、あなたとペットちゃんを繋ぐ絆の印 絆Project』 

迷子札(1個500円)普及活動として、出店させて頂きました。

 

迷子札とは、ペットちゃんが迷子になってしまった時に備え、ペットちゃんの名前や飼い主さんの連絡先を記入する名札で、首輪にぶら下げるプレートタイプのものです。

日頃は室内飼いをしていても、散歩や脱走、病院への移動や引越し、災害が起こった際などに、愛犬・愛猫と離れ離れになってしまう可能性があります。

保護センターでは、首輪のついているペットちゃんであれば必ず名前をチェックします。

飼い主が、「この子が迷子になったら探します」という意思表示が、ペットちゃんの迷子札なんですね。

最近はペットショップでマイクロチップを入れて購入する飼い主さんも増えています。

しかし、マイクロチップは機械がなければ読み取ることができません。

災害時など緊急時には、迷子札が1番の目印になるということです。

はぐれてしまったペットちゃんと少しでも早く再会できるよう、首輪に迷子札を付けてみてはいかがでしょうか。

10月
23
よく使われる語句の意味や、ペット火葬やペット葬儀用語を解説

 

      ●火葬 かそう

     

      愛するペットちゃんが亡くなられ、焼却して荼毘(だび)にふすることをいいます。

     

      ●遺骨 いこつ

     

      亡くられたペットちゃんのお骨。火葬した後のお骨。

     

      ●お骨上げ おこつあげ

     

      お骨上げとは、ペットちゃんのご火葬後、箸で遺骨を拾い骨つぼに納めることをいいます。

     

      ●納骨 のうこつ

     

      亡くなられたペットちゃんの遺骨をお墓や納骨堂へ納めることをいいます。

     

      ●合同墓地 ごうどうぼち

     

      個々でお骨を納めるお墓では無く共同でお骨を納める墓地のことをいいます。

     

      ●移動火葬車 いどうかそうしゃ

     

      ご家族様の元へ訪問してご火葬が出来るように車に火葬炉を搭載している車のことをいいます。

     

      ●個別火葬 こべつかそう

     

      亡きペットちゃんだけで、個別に行う火葬のことをいいます。

     

      ●合同火葬 ごうどうかそう

     

      他家のペットちゃんと合同で火葬を行うことをいいます。
6月
15
わんだらけ 開催まであと3日♪
6月18日(日)に名古屋市港区の名古屋港ガーデンふ頭の旧赤レンガ倉庫にて
中部地区最大のイベント、“わんだらけ” が開催されます♪

当社も、
「~迷子札は飼い主とペットとの絆の印~ 絆プロジェクト」 と、
「当社ペット火葬炉の展示・終活 ~お別れの日までに準備して頂くこと~」 の2つを、
それぞれ2ブースに分けて出店させて頂きます。

昨日、ようやく出店配置一覧が公開されました。
当社はご火葬が可能な車両の展示をさせて頂くので、
少し目立つかもしれません。(^^;
フードコート近くということもあり、なかなか良い場所そうなので満足しています(^^)
ノアの杜 わんだらけ ブース
梅雨の時期、天気が心配でしたが、
何とか大丈夫そうですね、是非わんこと一緒に、
わんこがいなくても、わんこ好きの方は絶対に楽しめるイベントです。
是非当日お待ちしています♪

  ペットセレモニーノアの杜 後藤
6月
10
これからの時期は、蚊に要注意!
6月に入り、ジメジメとした梅雨の時期となりました。
当然、時期を待ったかのように蚊が増殖し始めます。

蚊
数年前にテレビでデング熱を盛んに取り上げられたことは記憶に新しいですね。

人間が蚊に刺されるより実は体温が高いペットさんの方が蚊に刺されやすいのです。
人間と同じように、パチン!とやっつけることはできません。

しっかり飼い主さんがペットさんを守ってあげなくてはなりません。
まず最初に、必ずして頂くことは、ご存知の通り、フェラリアのお薬を飲ませましょう。
フェラリアは蚊を媒体にして、犬の肺などに寄生する感染病で、
最悪の場合、命を落としてしまうこともあります。
まだ対策をされていない方は必ず動物病院で処方してもらいましょう。

フェラリアは伝染病を防ぐためののもので、
根本的には蚊は寄ってきます。
犬用蚊取り線香も多く販売されています。
犬用蚊取り線香
蚊が不快と感じるのは人間と同じです。
いつも気にして守ってあげて下さいね。

  ペットセレモニーノアの杜
4月
24
ご火葬中は何をして過ごす!?
当社にお越し頂いた方は、待合室でしばらくTVやペットの癒しの本を眺めながら お気持ちを落ち着かせて頂く方が殆どです。 では、ご自宅へ訪問でのご火葬をさせて頂く場合、 ご火葬中は皆さま、何をして過ごされているのでしょうか? 「忙しいから自宅へ来てほしい」
そんなニーズの方は、家事、洗濯、お子様の習い事の送り迎え、
お仕事へ戻られる等様々です。
ノアの杜
先日、こんな方がいらっしゃいました。
自宅供養をして頂く際のお骨壺を置くスペースを作り、
過去のお写真から一番お気に入りのお写真を探して写真立てに飾って頂いたり、
思い出だった品を整理して、大切に保存しておくものや処分するものの整理等されながら、
今までの思い出のお話をお聞かせ下さいました。

大切だった子が愛用していたものは、いつまでも大切にしまっておきたいものです。
しかし、「亡くなったんだ」と、遺品整理をして頂くのも、大切な家族としての務めかもしれません。

大切なものとそうでないものを整理して頂くことも、
私は意味があることと思っています。
その整理をして頂きながら、少しずつ、
亡くなった現実を受け止め、お気持ちの整理をつけて頂いているように感じました。

亡くなったペットさんが安心して天国へ旅立てるよう、
心配して戻ってきてしまわないよう、
穏やかなお気持ちで、亡くなった後の整理もして頂きたいな、と思います。

  ペットセレモニーノアの杜 代表 後藤